システムエンジニアの違いを生むスキル

システムエンジニアとしての仕事は特殊なスキルを必要とはしないものの、スキルがあるか否かによって大きなギャップが生じるものがある。それはビジネスとプログラミングに関する知識や経験の有無によるものである。

その基本的な仕事はクライアントから問題や要求に関するヒアリングを行って、それを解決あるいは実現するためのシステムを考案することである。その案をクライアントに対してプレゼンテーションし、満足が得られると実際に開発に回すことになる。そのため、ヒアリングやプレゼンテーションにおけるビジネス能力も要求されている。クライアントへの提案や伝達内容によりクライアントに与える印象も大きく変わるのである。

一方で、開発に回す際にはシステムやプログラムの仕様書を作成することから始まる。その出来映えはプログラミングの経験によって大きく左右されることになる。仕様書を読むプログラマはシステムエンジニアに比べるとよりプログラミングに特化した知識を持っている人材である。そのため、仕様書はプログラマが理解しやすい言葉で記述されていることが望まれるのだが、プログラミングの知識や経験の有無によって仕様書の程度が大きく異なるのである。

このギャップの大きさはしばしばプログラマを悩ませるだけでなく、プロジェクト自体の進行に多大な影響を及ぼすこともある。そのため、システムエンジニアがプログラミングスキルを有していることが、プロジェクト自体の進行に大きく関わり、現場でも望まれているスキルなのである。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です