システムエンジニアとプログラミングスキル

システムエンジニアとしての仕事は、企業が抱える問題に対してその解決を可能とするシステムを発案するというものである。

その解決の手段として情報技術を用いることから、IT業界における専門的な知識を有していることが必要とされる。ただし、プログラマとしての経験やスキルを身につけていることは必ずしも必要ではない。このため、同じシステムエンジニアという肩書きであっても、個人によってもっているバックグラウンドが大きく異なり、問題に対する考え方も実際に仕様書や計画書を記述する際の言葉の専門性にも大きなギャップがある。

特にIT業界への転職の道としてシステムエンジニアを選ぶ傾向が強まってきてからは、プログラミングの経験を有さない人材が多くなってきている。そのため、システムを考案する力はあってもそれを現実問題としてプログラムとして記述して実現できるかという視点が欠けているエンジニアが増加傾向にあるのだ。

そして、プログラミングスキルがないことからプログラマの考え方に対する理解が浅く、プログラマにとって難解な仕様書を作成する人も少なくない。一方で、もともとIT業界で活躍することを考えて専門能力をつけてきた人は多かれ少なかれプログラミングの経験を持っていることから、プログラマにとってわかりやすい言葉で仕様を記述することができる。

こういった専門技術者間でのコミュニケーションにおいてもスキル面から来るギャップが大きな影響を及ぼすと言えるのだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です