女性システムエンジニアの新サービス開発

システムエンジニアにとって求められるスキルにおいて、男女差は存在しない。男性や女性に関わらず、システム開発に必要となる知識や技術力が求められる。それだけに、女性が選ぶ仕事として有望なのである。しかしまだ現状では、職場での男女の割合では男性が多く、女性がシステムエンジニアとして働く上で抱える特有の問題について、打ち明けにくい問題があるのは否めない。

結婚や出産、あるいは各種の家庭の問題は、男性の同僚に話しにくい内容もある。このような問題を受けて、システムエンジニアの職場やあるいは職業を超えて、働く女性たちが悩みを打ち明けあえる機会を設けることが現場において役立っている。
また女性同士が情報交換するための機会を設けるために、システム開発の仕事で培ってきたスキルを活かす事も可能である。

働く女性たちが互いに話し合いができるインターネットサービスを開発することにより、仕事での悩みを話し合うことができる。またこうした女性のための新しいネットサービスは、ビジネスとしての可能性も出てくる。働く女性からのニーズがあるサービスを、システム開発のスキルで構築し、新たな事業としてビジネス展開をスタートさせることができるのだ。

女性が働いている分野も多様であり、そのなかで情報技術を活かした貢献も可能であろう。女性それぞれが、自身の持った技能を活かして協力し合うことにより、女性の社会進出はさらにこれから進んでいくと予測される。またそこに、新たなビジネスチャンスも眠っていることを忘れてはいけない。

システムエンジニアには、プログラミングスキルをもっている人、いない人など前職での経験なども人それぞれである。男女の違いだけでなく、いま自分が何をすれば社会に貢献できるのかを模索していくととで、一流のシステムエンジニアへ近づくことができるのだと言えるのではないだろうか。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です